入院中の夜はかなり暇です。日常的にいつも遅くまで起きている人なんかは特にそう思うでしょう。

なんせ、消灯時間が早い。(なんと21時には真っ暗です(-_-;))

確実にお年寄りタイムで病院内の世界は回っています。当然朝も早いんですけどね。。

相部屋だと消灯時間を過ぎてテレビを見ているわけにもいかないので(光が漏れて迷惑がかかってしまうから)夜の暇つぶしはかなり限られてしまいます。なので、消灯後の時間は光の出ない暇つぶしグッズで対応しなくてはいけませんが、そんな時にはラジオや音楽が大活躍してくれます。

楽しく時を過ごしつつ、いつの間にか眠りに落ちているという「暇とは無縁の夜」を過ごせるようになったのは、ラジオや音楽サービスを使うようになってからです。

暇つぶしに便利な携帯ラジオ

そんなわけで、夜の暇つぶしとして、ポケットラジオを持って行くとかなり重宝します。ラジカセからイヤホンで聞くこともできますが、やっぱりコンパクトなポケットタイプのラジオがあると便利ですね。

例えばこれ。めちゃくちゃ安いので入院中の暇つぶし用に買っても良いくらい。

暗い部屋でイヤホンでラジオを聞くのもなんだか新鮮な気分を味わえるかもしれません。

普段よりも意識的に聴くので、ラジオの楽しさをより味わえると思います。

ただ、笑い系のラジオには注意が必要です。

夜に突然笑いだすと確実に怪しい目で見られるでしょうからね。ただ、笑っちゃいけないという状況だとことさら楽しく感じてしまうので要注意ですw

入院中の暇つぶしに音楽をCDで聴くのもいいけど…

ラジオの他に、CDプレーヤーを持って音楽を聴くのも夜の良い暇つぶしになりますね。

家族などが来てたまにCDの交換(病院⇔自宅やレンタル店)をしてくれるような環境だと問題はそれほどないのですが、そうではない場合、飽きないようにするにはある程度CDの数を揃えておかないといけないのが大変です。

ラジオは毎回違う音が流れますがCDは毎回同じ音が流れるので、大好きな音楽であってもそう長くは楽しめないですから。

CDプレーヤーとCDを揃えて運ぶのは結構な荷物になってしまうので、長期間音楽を楽しもうと思ったら自宅でデータ化するなどの準備をしておいた方が良いかもしれません。

音楽で夜の暇つぶしをするならこのサービスが便利!

やはりパソコンやスマホで音楽を楽しむようになると、CDプレーヤーを持って行って聴くのは時代遅れだと感じるくらい便利さが違ってきます。

まずはYouTubeだけでもかなりの数の音楽が聴けるようになります。これだけでも何日もの夜から暇がなくなると思います。ただ難点なのがYouTubeの動画を再生するのでスマホなどのパケット容量がすぐにいっぱいになってしまうこと。

なので、動画の楽しみ方のページでも触れましたが、入院中にポケットwi-fiを病室に持って行けば本当に楽しみが広がります。今は短期間だけ借りれる安いポケットwi-fiもあるので、事前に準備して楽しい入院生活を送って欲しいと思います。

ちなみに、入院してからでも病院に届くように手配すれば入院してからでもポケットwi-fiをゲットできますので諦めずにトライしてみてください。(遅くてもも2日後には病室まで届くと思います)

wi-fiが手元に届いたら、こんなサービスもオススメです。

通常時も月額300円と格安なのに、最初の30日間は無料で使える音楽サイトです。これなら入院中に無料で使って解約なんてことも可能ですね。

スマホでもサービスの利用は可能ですが、音楽のダウンロードをするとすぐにパケットの上限に達してしまうと思います。(使い放題の人は気にせず使えます)